第110話 未来の記憶

引き寄せの法則
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑

みなさん、こんにちはジュンボナペティです。

梅雨入りして
ジメジメした日が続きますね。

さてさて今回は「未来の記憶」でございます。

潜在意識は完璧な存在
でも、どうして我々には未来の記憶がないのか?
未来は未だ来てないのだから
記憶なんてある訳ない。
しかし
時間の流れは
未来→過去
と言われています。

であるならばなおさら
未来の記憶が無いのは
不自然では無いか?

潜在意識と顕在意識

普段の我々は顕在意識で思考している。

潜在意識は無意識の領域
という事は
潜在意識が持っている
情報を我々は意識出来ないとしたらどうだろう?

記憶という媒体で情報を伝えるのではなく
例えば、例えば閃き
いろんな形で、潜在意識は情報を顕在意識でもわかるように
伝えてくれていて、未来の事も伝えてくれているのかも知れない。

と勝手に想像・妄想してみて
何となく腑に落ちた事があります。

何かと言いますと、
先日書いた記事で
過去に戻っても
きっと同じことを繰り返すと書きました。
詳しくはこちら

この記事を書いた次の日に
金曜ロードSHOW! では
バック・トゥ・ザ・フューチャー
がやっておりました。
あんな感じでタイムマシンに乗って
時空を行き来出来たら
好きなように歴史を変えられるのかも知れません。

しかし、記憶をもって戻れるわけでは無いので
自分が戻っているのかどうかさえわからない。

今の自分は今この時間にいるのは
何回目なのか?
初めてなのかも知れないし
複数回やり直しているかも知れない。
いずれにしても
今にしか居れないという事です。
今にしか居れないというより、
今に居る事しか認識出来ない。

今今メソッドと言われ
今に居るってどうすればいいのか
悩んだこともあります。
願望実現には今に居る事
と知って、今に居ればいいんやー
で、どうやって?となって
いろんなまとめサイトを読み漁って
結局、やり方は書いてなくて
よくわからなかった。

でも、よくよく考えてみると
今にしか居れないので
何もしなくても良いのです。
逆にいうと
今以外には居れないのです。
特にすることは無いのです。

何回目の今なのか?
それは判らないけれども
きっと今、自分が選択したものが
最高な選択なんだと
自分を信用する。

如何でしょうか?
未来の記憶を考えていたら
今に居る事が腑に落ちました。

正解か不正解はどうでもよくて
そもそも
世界=自分なのであれば
自分が決めた事が世界となる訳です。

自分が腑におちて
それを信じ抜けるか否か
ここがポイントであると思います

ではではよしなに~

コメント

タイトルとURLをコピーしました