第947話 婚活者必見‼男性と女性の違いとお互いに分かり合う方法

引き寄せの法則
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑

第947話 婚活者必見‼ 男性と女性の違いとお互いに分かり合う方法

婚活者必見‼ 男性と女性の違いとお互いに分かり合う方法

みなさん。こんにちはジュンボナペティです。

今回は「婚活者必見‼ 男性と女性の違いとお互いに分かり合う方法」でございます。

人類が誕生して長い年月が経つのに
男性と女性の間にはまだ分かり合えない溝がある

異性のことはよくわからない
これはお互いが思っていること

必要なのはお互いが違いを理解すること

違いを理解することで
お互い対処法を知ることが出来るのです

女性は口うるさい

いつかきっとを信じているから

女性側が口うるさうのは
繰り返し注意すれば男性が
いつかわかってくれると思っているから

しかし
女性が口うるさく注意すればするほと
男性は話を聞かなくなる

その結果
男性は行動を改めないし
女性も注意をやめない

女性は誰にでも口うるさいわけではない

口うるさくするのは
夫やパートナー家族といった
親密な関係のみ

女性が口うるさく接してくるのが親密さの証でもある

脳の構造の違い

女性が男性よりも口うるさいのは
脳の構造の違いもある

脳の発話を司る部分は女性の方が大きい

男性は口数が少なく、女性が良く喋るのはこのため

「私」を主語にして伝える

女性の話を男性がきかないのは
女性は相手を責めるときに「あなた」を主語にするから

「あなたは~」で話をされると男性は聞く気になれない
「私は~」を主語にすることで自分の気持ちを伝えることができる
相手の警戒心をやわらげて素直にさせることができる

声の調子や話を切り出すタイミングも大切

男はアドバイスをしたがる

男性は何かにつけて
解決策をだしてアドバイスしたがる

女性はただ話や愚痴を聞いて欲しいだけ
男性はそれを「問題」と捉えてアドバイスしてしまう

女性からしたら「うっとしい」だけ

女性は話すことが目的であり解決が目的ではない

女性は共感を求め
男性は解決を求める

会話の目的がお互いに異なっている
そのため、お互いに分かり合えない

話を聞いてほしいことを示す

男女のすれ違いを防ぐためには

相手にどうして欲しいかをしっかり伝えること

女性が話を聞いて欲しい場合

ちょっと話がしたい。
聞いてくれるだけでいい。解決策はいらない
と先に言ってしまう

男性も解決策を求められていないときは
相手の気持ちに寄り添うだけで良い

感情を共有できることで女性も満足できる

男は女の買い物に付き合いたがらない

男女の買い物に対する感じ方の違い

男性にとって買い物とはストレスを感じるもの
女性にとって買い物はストレス解消の手段

元々狩猟をしてきた男性は
目的地まで最短距離を目指して行動する
そのため
ウロウロしたりする買い物が苦手になる

女性は視野が広いため縦横無尽に歩き回ることが苦痛ではない
そして何も買わなくても楽しい時間だったと満足できる

男女で評価システムは違う

男性が行動評価するときのシステム

行動の内容や大きさ
達成した課題の難しさによって点数をつけている

女性が行動評価するときのシステム

女性は大きさや内容よりも
回数を重視する

記念日に高価なものをプレゼントするよりも

定期的に手ごろなモノをプレゼントした方が良い

女性は親密さが感じられる行動に点をつける

女性は行動の回数・親密さを重視

親密さを感じる行動
女性を褒める
一緒に居る時間を作る
愛していると言葉で伝える

仕事と私どっちが大事なの?

男性は仕事を頑張って少しでも給料をよくして
家計を楽にすることが愛情につながると考えている

女性は一緒に居る時間を増やして、愛を伝えてくれた方が良い

お互いの採点基準を理解する

男性と女性の評価基準が異なる以上
お互いの評価基準を理解することが大事

女性は自分がして欲しい行動を
男性がしてくれるようにうまく誘導すること

女性は自分が何をして欲しいのかをちゃんと男性に伝えること
それができれば男性も理解して行動してくれるはず

男性は女性の評価基準は
回数と親密さにあることを理解して行動する

不安解消の準備

不安解消の準備で手っ取り早いのは知識をつけること

お金の不安にはお金の知識を

健康の不安は健康知識を

選択肢に迷った時は

如何でしょうか?

ではではよしなに~

独自ドメイン登録しました!!そしたら…
URLが短く覚えやすくなってお客さんに好評でした!
お店の名前でドメイン登録したら、看板代わりに大活躍!
サイト移転もURLを変えずに楽々!
今すぐ「お名前.com」でドメイン登録!

コメント

タイトルとURLをコピーしました