第121話 ワインは体に良い?

栄養
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑

みなさん、こんにちはジュンボナペティです。

外出自粛要請が解けて
飲食店も夜の営業時間を再開
お酒の提供も通常に戻りつつある中
お酒を飲む機会も増えてきていると思います。

飲みすぎは良くないのですが
アルコールの中でも
ワインは果実だから体に良い?
という話をよく聞きますが
実際の所どうなのでしょうか?

ワインは
7000年前ぐらいからワインは飲まれ始めたらしく
イランの村でブドウを発酵させた飲料の跡が残っているのだとか。

他のアルコールと比べると
ワインは糖質・カロリーは低め
日本食品標準成分表2015年版(七訂)によりますと

※糖質・カロリーは100gあたり
ワイングラス1杯 おおよそ125ml
缶ビール 1缶 350ml
日本酒 グラス1杯 180ml

ワイン 赤)糖質:1.5 白)糖質:2.0
日本酒 本醸造)糖質:4.5g 純米)3.6g
ビール 淡色)糖質:3.1 スタウト)糖質:4.6
ワイン 赤・白)カロリー:73g ロゼ)カロリー:77g
日本酒 本醸造)カロリー:107g 純米)カロリー:103g
ビール 淡色)カロリー:40g スタウト)カロリー:63g
ワインの特徴
〇ポリフェノールが豊富
〇アンチエイジング効果
〇脳の健康にも良いらしい

ポリフェノールが多く含まれ
心疾患や癌の発症率が下がる傾向になる
※しかし、ワインの飲みすぎは死亡率は高まる

アンチエイジングについては
ワインには抗酸化作用があるので
体内の炎症が抑えられるのだとか
そのおかげで脳の炎症ダメージも抑えられ
認知症やパーキンソン病のリスク低下もあるとの事

酸化防止剤として硫黄が使われているケースが多く
硫黄は先天的に弱い人も多くアレルギー反応が出る場合

普段お酒を全く飲まない人が無理して飲むと
腸にダメージを受けたり、
もともと遺伝的にアルコールが代謝出来ない事もあるので
その場合は、フルーツからポリフェノールの摂取を。

おすすめワイン
シャトー・フレイノー ボルドー・シューペリュール2015年【神の雫バージョン】

シャトー・フレイノー ボルドー・シューペリュール【神の雫バージョン】 750ml 1本
シャトー・フレイノー ボルドー・シューペリュール【神の雫バージョン】 750ml 1本

ファン・ヒル、4(クアトロ) メセス 2018 “サクララベル” フミーリア

[ Juan Gil ] ファン・ヒル、4(クアトロ) メセス 2020 “サクララベル” フミーリアDO (赤) 750ml/スペイン
ファン・ヒル、4(クアトロ) メセス 2020 “サクララベル” フミーリアDO (赤) 750ml/スペイン

デラタイト・ハイ・グラウンド・ピノノワール 2018年

Bitly

トリニティ ヒル ホークスベイ シラー 2018年

https://amzn.to/3fZP29d

如何でしょうか?
飲みすぎには注意ですが
適量を飲む分には宜しいのではないでしょうか?
気軽な感じでワインを楽しんでくださいませ
ではではよしなに~

コメント

タイトルとURLをコピーしました