第594話 時を稼ぐ男 新時代の時間とお金の法則

引き寄せの法則
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑

時を稼ぐ男 新時代の時間とお金の法則

みなさん、こんにちはジュンボナペティです。

今回は「時を稼ぐ男 新時代の時間とお金の法則」でございます。

本書では青汁王子こと
三崎優太氏が三つの柱をもとに
成功法則を書いております

三つの柱

稼ぐためのモチベーション
お金の哲学
タイムマネジメント

お金の哲学

お金持ち=幸せではない

お金を稼ぐために日々四苦八苦していると思いますが
何のためにお金を稼ぐのか?
もちろん幸せになるためだと思います。

お金があれば
何でも買えます
お金があれば
どこにでも行けます

最初は高価なブランドもの
海外旅行など
今までとは違う世界を楽しむ事も出来ます。
しかし
それもいつかは飽きるのです。

本書の著者である
三崎優太氏は
18歳で会社を立ち上げて
月額300万円ほど稼いでいて
お金が手元にあっても
心は常に不安でいっぱいだった言っています。
つまりお金があること=幸せではないという事です。

生き金と死に金

お金には2通りのお金がある
生きたお金と死んだお金

死に金とは

散財・浪費の事です
大金を得たからと言って
キャバクラなどで浪費しても
自己満足感は得られるけれど
その場だけで何も残らない

生き金とは

・自分や自分の大切な人達に何かを確実に残す為に使う事
・費用対効果を考えて使う事

明確な目的を持った贅沢はOK
だらだらと贅沢を繰り返すのはNG

お金を大切に扱う事

雑に扱わない
ちゃんと考えて使ってあげること
今これは本当に必要なのか?

実はお金が無い人ほど
お金を雑に扱う傾向がある
→小金が手に入った瞬間に飲食店などで散財する

お財布に丁寧に揃えてしまうことも大事
普段からお金を丁寧に扱っていれば
お金に対して敬う気持ちが生まれる

タイムマネジメント

1日24時間は誰にでも平等

時間を有意義に使うことでお金を稼ぐチャンスが生まれる
時間を効率化するためにお金を使うことは有効な手段の一つ

例えば
家事の時間を家政婦さんを雇う事で他に回す
洗濯板を使うのではなく洗濯機を買って洗濯する

優先順位を考える

この予定をこなすとどんなメリットがあるか?
この仕事はどんな成長が得られるか?
このような観点から優先順位を決める。
そのため先の約束を断る事も厭わない。

お金では買えない時間という価値

何で若いころにもっと〇〇をしなかったのか?
今になって後悔する事は誰にでもある
今から10年後にあの時何やっていたんだろう?
と後悔しないためには今この瞬間を大切にするしかない

幸せを感じることができる人生とは

お金を湯水のごとく使っても幸せを感じられない
幸せを感じるために必要なのは希望を持つこと
何でもいいので夢や希望をもてば
やる気も出てきて
変化の過程で幸福を感じることができる

如何でしょうか?

時を稼ぐ男 新時代の時間とお金の法則

時を稼ぐ男 新時代の時間とお金の法則
青汁王子が20代で年商130億円の会社経営から得た「お金の成功哲学」。 【最短で300億企業に成長させた、青汁王子こと三崎優太は いかにしてビジネスを巨大化し、成功したのか。 貯金やスキル不要!ゼロからマネできる 三崎流「お金の哲学」と「モチベーションの作り方」】 『死ぬか、稼ぐか。』 劣等感、コンプレックス、適応障害...

ではではよしなに~

コメント

タイトルとURLをコピーしました